トラックと粗大ゴミ

不用品回収業者は複数の見積が必須です

神奈川の実家の両親の引越で、両親だけでは持ち出しができない食器棚やキッチンラック、30年前の衣類乾燥機の廃棄処分が問題になりました。神奈川の不用品回収業者はネットで調べるとたくさんあります。しかし、ネットで調べれば調べるほどわかりません。神奈川にも悪質な業者もあると書いています。どこが良いとか悪いとかがはっきり書いているわけではないし、あまり普段利用することのない分野でもあり、周りに聞いてもわからないと言うし、本当に悩みました。安さも大事ですが、産廃処理の資格を持っているかとかも気を付けて選びました。回収はしてくれたものを山に捨てられても困りますし。とりあえず調べて、色々な所に見積を取りました。業者によって全然価格が違うので、いくつかの業者かに見積を取ることが大事だと思います。
衣類乾燥機に関しては、無償で引き取ってくれるリサイクルショップを見つけました。本来なら有料ですが、月1回、他の産廃処理物と一緒に処理してくれるとの事でした。今度の新居に持って行けないファンヒーターも買い取ってもらえる事に成功しました。食器棚とキッチンラックに関しては、いつも服などを買取に出している店の不用品回収をしているグループ会社にお願いすることにしました。
見積に関しては、不用品回収の為にそれぞれの大きさを調べておくのは必須です。電話で大体の見積を出してくれ、当日は、作業前にこれくらいのお金がかかりますという説明をしてもらってから、作業をしてくれました。

不用品を回収時の知っておきたいポイント

引っ越しや模様替えなどで出る大型の家具や家電の不用品回収は、どのようにしたら良いでしょうか。できることなら、神奈川のリサイクルショップなどに売りたいところですが、大型家具を部屋から出し、車に積み、ショップでまた下ろす手間や労力と、買い取ってもらえたとしても微々たる金額のことを思うと、業者さんに不用品回収を頼んだ方が良いと思います。
その際のポイントは、不用品の家具を神奈川の業者さんに運んでもらう前に、不用品がとおるであろう廊下や部屋の場所やクロスやドアの写真を撮っておくことです。不用品を回収する際、業者さんがうっかりクロスを破ったりドアを傷つけたりした場合、写真があった方がスムーズに交渉ができます。また、メインの不用品回収をしてもらう際、自宅にゴミでは出せない不用品、例えば使わない本棚の棚板や壊れたお風呂の蓋などを同時に回収してもらえないか、確認してみることです。以前私は、ベッドを回収してもらう際、本棚の棚板を5枚サービスで回収してもらえました。
また、たくさん不用品がある場合は、電話やメールで依頼するだけでなく、実際下見に来て頂くことをオススメします。電話やメールですと、実際回収してもらう日に、解体しないとドアから出られない、来た神奈川のスタッフでは人数が足りないなどアクシデントが起こる可能性があります。追加で料金がかかったり、作業の予定時間が遅れたりと色々問題が出て来ては困るので、事前の下見は大切です。

行政はお金がかかる

家を片付けると、不用品が出てくることはよくあることです。特に神奈川の年末は、年越し前に片付けようとしても不用品回収に困ってしまいます。そのような経験は、誰もがあると思います。しかし、それをどう片付けるかは人によって違うのではないでしょうか。
私は、服などはリサイクルに出しています。最近は神奈川でリサイクル業者が増え処分しやすくなりました。そのほかにもリサイクル業者に電化製品で使えるものは引き取ってもらいます。料金が出るまでしばらく時間がかかりますが、わずかでもお金にできるほうがいいので、そこは我慢できます。
では、使えないものはどうするか。使えなくても引き取ってもらえるものは、やはり業者に渡します。このとき、お金は発生しないことが多いです。部品がリサイクルできるものもありますが、お金をもらえることは少ないようです。
しかし、どこにも引き取ってもらえないものがあります。例えば、ブラウン管テレビもしくは画面の不用品回収。液晶は、引き取ってもらえるのですが、ブラウン管はリサイクルできないようで、神奈川の行政に不用品回収を頼むことになります。それには事前に連絡が必要です。いついつに出しておくので引き取ってくださいと前もって言わなければなりません。その上、引き取ってもらうのに料金が必要です。リサイクルでお金をもらうことを考えれば、だいぶ扱いが違うようです。